ホーム>初めての方
BEGINNER

初めての方

Bouldering ボルダリングをはじめよう!!

201381611229.jpg

TRY! BOULDERING!

手ぶらでOK!いつでもOK!
だれでもOK!!

ボルダリングとはクライミングシューズと滑り止めのチョークだけを使い自分の体一つで3~4mの大岩「ボルダー」を登る ロッククライミングの一種です。

落ちても怪我や危険の少ない高さから、全てのクライミングの基本となる体の使い方「ムーブ」を習得する事が出来るので、思い切った登り方やダイナミックな動きに挑戦する事ができ、見る人をも魅了する事ができるスポーツです。

 

ボルダリング施設とは?

クライミング施設の人口壁「クライミングウォール」では石や岩を想定した「ホールド」と呼ぶ突起物に手や足を掛けて、 決められたルート「課題」(主に施設内ではテープ課題)を登ります。ルートにより難易度が変化しているので、初心者から経験者の方でも、届かなかったホールドを掴めたときの「上達感」や課題を攻略したときの「達成感」「充実感」を誰でも強く得る事ができます。  ほとんどの施設内では厚さ30cmのマットを幅広く敷き詰めており、安全に配慮した設計とルート設定を行っております。  また当店では全て屋内にウォールを設け天候を気にせず、冷暖房の完備された快適な空間を皆様に提供できるよう励んでおります。更衣室には鍵付きロッカーでお荷物や着替えを置く事が出来るので、会社帰り等でもお気軽に立ち寄る事ができます。 休憩(レスト)スペースやキッズルームもありますので、ご家族連れの方やご見学の方も同時に施設内でお過ごし頂けます。

2013726202447.png

ページトップへ

楽しみ方いろいろ!

グリーンアローでは年齢、性別関係なく楽しめます!

2013812185027.JPG

初心者の方はきちんと基礎知識を身につけて、安全に楽しめます

きちんと基礎知識を身につけて、安全に楽しめるよう、初心者の方には必ず無料のスタート講習をスタッフが行っております。

ボルダリングをまず体験してみたいという方は手ぶらでお越しいただいてもOKです!

グリーンアローのお客様の6割の方が初心者からスタートしています。

2013812184751.JPG

クライマー パパ、ママ必見!キッズ専用スペースもご用意しています ご家族ご一緒にボルダリングが楽しめます

クライミングを続けたいけど、結婚して家族を持つようになって続けられなくなったというパパ・ママ。当店では幼児からクライミングが楽しめますようにゴールを低めに設定した「キッズウォール」と「キッズ課題」を設定しております。またGA西船橋店ではキッズウォールにトップアウト(登って立つ)が可能なエリアを設けました。2.7mという高さなので小さなお子様も安心して登れます。ホールドを掴んで登り、滑って降りる「ゾウの滑り台」も各店舗ごとに3匹おります。クライミングジムでは大変珍しいご家族連れOKなボルダリング施設となっております。クライミングエリアと離れた場所に設け、安全性も確保されております。(幼児・小学生未満のみの施設利用は申し訳けございませんが、お断りさせて頂きます。保護者の方が施設を利用する場合に限り幼児・小学生未満の方はご一緒にご利用頂く事が出来ます。)

2013812184728.JPG

ボルダリング女子急増中!登る女子はかっこいい! GA会員様2人に1人が女性です!

女性雑誌やテレビ等でも注目も浴びているボルダリング、グリーンアローには女性のクライマーがたくさん集まっています!

年齢関係なく楽しめるスポーツということもあってか、主婦や学生、OLさんなどなど、、ボルダリング女子が急増しています!普段は可愛らしい女性が、ストイックに登る姿はとにかくかっこいい!

チャレンジしてみようかな、、そう思ったらぜひ遊びにきてみてください!
 

2013812184618.JPG

団体でのご利用もOK! 貸切できます! 

グリーンアローでは、イベントやサークル等、団体様への貸切でのご利用もOKです!

ぜひ各店舗へお気軽にお電話又はお問い合わせメールでご相談ください

詳しい料金や詳細は料金ページをご覧ください

→料金ページはこちら

 

ページトップへ

よくある質問

力のある男性しか出来ないのでは?

ヨーロッパやアメリカでは大人気のボルダリング。その秘密は力だけではなくバランスや決断力、体の位置や足の向き、 さばき方など登る前や登りながら、頭も使いながら登っていくことで、男女問わず小さなお子様からご年配の方まで幅広く、 誰でも気軽に始めることが出来ます。

もっと登りたいのですが、腕がパンパンです。

ボルダリングをはじめたばかりの方は、どうしても腕の力だけで、強引に登ろうとするので、腕がパンパン(パンプする)に なってしまいます。握力も低下し、最初に登れた課題も登れなくなってしまうのですが、経験者の方も含め、みなさんにこれは 必ず共通致します。しかし続けていくうちに体の使い方を覚え、ホールドの上につま先で立ちあがって登ったり、最初は届かなかったホールドでも腰をひねって掴む事が出来るようになったり、登りながら肘を伸ばし腕を休む事が可能となってゆきます。 継続していけば必ずどなたでも自然とクライミング特有の筋力がついていくので長く登れる事ができるので楽しめるようになります。最初のパンプや筋肉痛を克服すれば、どんどんボルダリングが楽しくなります。

ボルダリングは痩せますか?

ボルダリングを続けていると日常では中々鍛える事が出来ないインナーマッスルが鍛えられ全身にキレイな筋肉が付きます。 ボルダリングのダイエット効果をよく聞かれますが、ランニングやサッカー・バスケ等の有酸素運動ではないので 、正直なところ効果はあまり期待できません。しかし難易度の様々なルートを攻略するというしっかりとした目標から 「もっとうまくなりたい」「あのホールドを持てるようになりたい」「課題を登りたい」という気持ちにより、 「体重を減らさなきゃ」「腹筋や背筋をもっと鍛えよう」など、普段の生活や食事に気を使う事になる方が多いと思います。また個人差もありますが「体重が5kg減ると登れるレベルが2個くらい上がる」という逸話もあり、ダイエットの意識も自然と高まってゆきます。

ページトップへ

クライミングは危険を伴うスポーツです。
18歳未満の方は、保護者の同意のもと、施設の利用を行うことができます

ページ上部へ