ホーム>グリーンアローのスタッフブログ>レッスン トレーニング
BLOG

レッスン トレーニング

肩甲骨のお話し。

海浜幕張からこんにちは。

ボルダリング中の水分補給はいつもオレンジジュースわたなべです。

効果?もちろん知ってましたよ?

 

以前のブログで股関節についてお話ししましたが、今回は「肩甲骨」の話しを少々。

股関節と共によく言われる肩甲骨の柔軟性について。

まずはじめに言っておきますが、肩甲骨肩関節は全く別モノです。

皆さんがよく知っている肩甲骨。

2016622154418.JPG

実は関節として体に繋がっている部分は鎖骨としかありません。

いわゆる肩鎖関節です。

2016622154432.png

そのため、肩甲骨の安定性はほとんどが筋肉によって保たれています。

関節としての制限がない分、可動域自体は広いのですが、肩甲骨周りの筋肉が凝り固まってしまうと、肩甲骨自体の動きも悪くなってしまうわけです。

 

そうはいっても肩甲骨の動く方向は股関節と同様に6方向しかありません。

201662216133.JPG

なかなかいい画像がなかったので、教科書を引っ張り出してきました(^-^;

 

肩甲骨周りの主な筋肉というと、僧帽筋や広背筋、菱形筋、肩甲挙筋などなど・・・

背中についている筋肉を思い浮かべる方が多いと思います。

もちろん背中側の筋肉も緩めてほしいのですが、個人的にも一番緩めてほしい筋肉は、「大胸筋」です。

201662215453.jpg

はい、男子高校生が決まって鍛えたがる部位ですね。笑

 

なぜ大胸筋かといえば、多くの人がデスクワークなどの前傾姿勢で背中は丸まり、肩が前に入ってきて・・・という悪循環に陥っているからです。

胸の開きをしっかりと出してあげることで、姿勢も良くなり、背中の動きも出やすくなるはずです!

 

そこで、大胸筋のストレッチを簡単にご紹介します。

2016622185847.JPG2016622185944.JPG

①伸ばしたい側の脇と肘を90度にして前腕を壁にかける

②胸を張り、壁につけた方の足を前に出しながら、体重を前にかける

*背中が丸まらないように注意!

 

胸のあたりに伸び感がでればOKです!

肩凝りなどにも効果ありますので、気になる方はぜひぜひお試しください!

 

肩甲骨のストレッチ

こんにちは、ヨシザワです。

先日、肩甲骨周りのストレッチを教ったので、それを紹介します。

教えてくれたのはG太君

2015129125333.JPG

わたくしもやってみましたが、なかなか効果的。

ストレッチポールが必要ですが、お持ちでない方は来店の際に試してみてください。

 

まずは、背骨がそうようポールに寝ます。

2015129122528.JPG

手を上で合わせて、を上下に動かします。

この時、肩甲骨が動いている事を意識しながら行います。

これを10回。

2015129122555.JPG

肘から手のひらを床に這わせ、腰の横で手のひらが円を描くようにを回します。

両手同時に回します。

これを10回。

逆方向にも10回。

あまり大きな円は描けませんが、肘から手のひらは水平を保ちます。

(勿論、肩甲骨を意識しながら)

2015129122646.JPG

手を肩の横に広げた状態でも同じ動作を10回。

(逆方向にも10回。)

(肘から先は水平。)

2015129122837.JPG

good親指でポールをなぞる。

(これも10回。)

(肘から先は水平。)

2015129122910.JPG

片腕と逆の足を伸ばし、足をワイパーのように左右に動かします。

10回。

2015129122941.JPG

逆の手足でも10回。

 

これでおしまい。

。。。この写真と説明でご理解いただけたでしょうか?

解りにくいという方には直接伝授いたします。

ストレッチポールはキッズスペースにあるのでご自由にお使い下さい。

 

 

ナイトパスの割引が明後日までです。

お求め忘れのないように。

2015129141520.jpg

ヨガポール

ジャン!

2014918144555.jpg

津田沼店にストレッチポールを購入しました。

(ストレッチポールと言うのはLPN社の商品名なので、これは類似品?

yoga pole®。。。。と書いてあります。)

 

わたくしも早速使ってみました。

私の通っている整体の先生に教わったストレッチポールの使い方です。

2014918144857.jpg2014918144920.jpg

お尻の筋肉をほぐしてます。

2014918145127.jpg2014918145154.jpg

背中ほぐし。

2014918145315.jpg

腰周りのストレッチ。

2014918145928.jpg

胸、肩のストレッチ。。。ポイントは体幹の力を抜いて行うこと。

他にも色々な使い方が出来るので、自分にあった使い方を探してみてください。

 

2014918152510.JPG

キッズコーナーのマガジンラック脇が置き場となっております。

ストレッチマットと共に活用して下さいね。

 

 

ヨシザワ

 

初心者レッスン

こんにちは、ヨシザワです。

西船橋店で開催中のボルダリングフェスも明日で予選最終日になります。

当日参加も可能なので、まだの方は是非参加してくださいね。詳細はコチラ

 


津田沼店では水曜日(第一水曜日を除く毎週)の20時から21時まで初心者レッスンを行ってきました。

初心者さんにボルダリングの基本を覚えて貰うためのレッスンだったのですが。。。

いつの間にか参加者のレベルが上ってゆき、レッスンの題材も難しい物に。。。。

本当の初心者が参加しにくいものになってしまいました。


そこで仕切り直し。

もう一度ボルダリングを初めてやる方、初めて間もない方のためのレッスンに戻したいと思います。

課題も既存のテープ課題を題材とした易しい物にしてゆきます。

201482816460.jpg


そして、今までレッスンを受けてくれていた方たちには。。。別メニューを用意しておきます。

こちらは容赦なく難しくしていきますのでお楽しみに。


初心者レッスンは施設利用料のみで参加できます。

その場で参加者を募るので予約も不要。

お気軽にご参加下さい。

 

来週の水曜日はレッスンはお休み、ツダコンの日です。sun

カウンターストレイン

こんにちは、ヨシザワです。
西船橋店で開催されるボルダリングフェスまであと僅かとなってまいりました。
出場される方、調整の方はうまくいってますか?
「本番で感が鈍らないように少し上り込んでおいた方がいいかな。」
「疲れを残さないように少しやすんでおいたほうかいいかな。」
と頭を悩ませている方も居るのでは?(全然気にせず平常心の方もいるようですが。。。)


そこで、私がクライミングをした後に疲れを残さないように行っているストレッチをひとつ紹介します。
私が通っている整体の先生から教えて貰った方法で、カウンターストレインという療法に基いています。
専門的なことは解らないのでやり方だけ紹介しますね。


胸の筋肉のストレッチ

2014819181748.jpg

上の写真は胸の筋肉が硬くなって腕が後ろにいかない状態です。

 

2014819181810.jpg

腕を目一杯後ろにやった状態より少し戻した位置で、壁などを使って手の甲を後ろに軽く押し付けます(強くやっちゃダメです)。

呼吸を乱さないようにそのまま数秒間キープ。

 

2014819181831.jpg

その後、ゆっくり力を抜いて脱力。

すると。。。。あら、不思議。

先程より腕が後ろにまわります。

 

2014819181855.jpg

同じ容量でそれを何度か繰り返すと。。。この通り。

 

短い時間で効果が得られるのでオススメ。

是非、お試し下さい。

 

 

いつもと違った・・・

こんにちは。

 

今日は冷え込んでいますが僕は寒くなんてないので

 

半袖短パン姿で平常運行中のスプリングです。

 

 

 

いや、やっぱり寒いですね。

 

 

 

 

日がおちてさらに寒くなってきましたが、天気は回復してきましたね~

 

そして店内も落ち着いてきました。

20144618591.JPG

 

 

 

これはもうクライミングをして温まるしかないですね。

 

はい、それしかないです。

 

絶好のクライミング日和です(← 今さら

 

 

 

 

さて、今日の日中はいつも「ニコニコレッスン」でお世話になっている飯田コーチの個人レッスン

 

第一回目が実施されました。

 

 

20144618290.JPG

 

休日ということもあって少人数でおこなわれたレッスンでありましたが

 

普段のニコニコレッスンとは一味違ったきめ細かいアドバイスを頂けたことでしょう・・・

 

 

 

そしてなななんとこんなアイテムも!( ゚д゚)ハッ!

201446183610.JPG

そう!タブレットです!

 

たしかに、自分が登っている姿は自分には見えないですからね^^

 

 

 

自分の良いところ、悪いところがひと目でわかります。さすがです。

 

 

20144618401.JPG

 

撮った動画はその場で確認。

ただ言葉だけで説明するよりも、よりわかりやすいですね!

 

 

 

レッスンへの参加は、お電話もしくは店頭の申込用紙にて受付しております。

 

・自分のムーブのどこを直せばよいかわからない!

・普段のレッスンより細かく教えてほしい!

 

など、お悩みの方、興味をお持ちの方は是非ご相談ください。

 

 

次回は4月27日を予定しております^^

 

 

 

 

足、足、足

こんにちは吉沢です。

 

先月撮りためた写真を整理していたら面白い写真を発見。

201431314542.jpg

 

足、足、足。

 

。。。3人揃ってストレッチ中の写真ですね。

 

ボルダリングをする前にストレッチをしている人は沢山いますが。。。。

 

終わった後のストレッチも重要。

 

緊張した筋肉を解してあげましょう。

 

しっかり疲れを取って良質な筋肉を育ててください。

 

私もストレッチ頑張っています。理由はこちら

 

 

 

 

おまけ。

201431314345.JPG

筋トレ紹介!

けん玉のひもって意外と早く切れるんだなって...。

こんばんは、DANNです。

 

今日は水曜日に飯田コーチから教えていただいた体幹トレーニングについて詳しくご紹介しますscissors

 

まずは、メディシンボールというそこそこの重さのある球を使ったトレーニング

このトレーニングは1人ではできません。

トレーニングをする人が体をくの字に曲げて、足を上げたままキープします。

メディシン1.JPG

その正面にもう1人が立ち、左右、正面にボールを放っていきます。

受け取る側の人は姿勢をキープしたまま、ボールを受け取り投げ手に返します。

メディシン2.JPG

メディシン3.JPG

これをリズムよく1セット30秒間行い、3セット程度行うと良いそうです。

投げ手は受け手の手の長さや、キープできる程度から投げる範囲を考えるのが重要だそうです。(難)

 

お次はバランスボールを使ったトレーニングです。

バランスボールの上に足をかけて、腕立てをします。

腕立て1.JPG

腕立て2.JPG

この画像では少し身体が曲がってしまっていますが、

できるだけ、肩から足まで一直線をキープrock

これが簡単に出来てしまう上級者の方は、バランスボールに片足だけを乗せてみましょうthunder

腕立て3.JPG

 

今回は以上の2つのトレーニングになります。

他に腹筋ローラーを使ったトレーニングと懸垂の正しいやり方も教えて頂いたので

後日ご紹介します!

 

 

 

 

持久力トレ!!

こんにちは!

 

最近、紅茶に片栗粉を混ぜて飲むのにハマっているナナエです!

 

 

トロトロして、生姜やはちみつを混ぜるとより一層ぽかぽかして

 

寒い日には最高です!!!

 

 

こんな感じ❤

2014219135131.JPG

 

寒がりの冷え性さんにもオススメです!!!

 

 

 

 

 

ボルダリングをするのにも、まずは体を温めてから。

 

 

そこで良く見かけるのが、長ものでウォーミングアップ。

 

 

持久力アップや足置きがスムーズになるなど

 

 

効果は絶大ですよ!!!

 

 

ながもの初心者の方でも

 

まずは傾斜の少ない壁で初めてみてください。

 

 

 

私の目標は天空の壁の緑ながものの完登です。

 

 

未だにラスト3手のところで落ちちゃいます・・・。

 

 

 

 

もっと持久力が必要なようです・・・。

 

 

 

 

 

トホホ・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

ストレッチ

妙典店入り口正面にある

 

NEWキャンパシングボード

2014123145951.JPG

 

 

キャンパシングボードと言えば、思い浮かぶのは・・・懸垂。

 

また、足を浮かせた状態で腕だけ使って上下にジャンプするキャンパシング。

 

 

 

懸垂は前腕筋が鍛えられるので握力アップに効果的ですし

 

キャンパシングは瞬間的な接触筋力を高めることができます。

 

 

 

 

実はそれ以外に足を地面につけた状態でのストレッチにも最適なキャンパシングボード。

 

 

 

 

 

 

GA妙典でよく見る光景

201412315823.JPG

 

 

 

 

SEIJI店長が登る前によくこうやってストレッチしています。

 

 

 

片腕づつ重心を変えて指先から脇腹までよく伸びてストレッチ効果は高そう。

 

 

 

 

 

登る前はもちろん、登った後もストレッチは大事ですね♥

クライミングは危険を伴うスポーツです。
18歳未満の方は、保護者の同意のもと、施設の利用を行うことができます

ページ上部へ