ホーム>グリーンアローのスタッフブログ>市川妙典店>こんにちは!!!
BLOG
市川妙典店

こんにちは!!!

こんにちはこんばんはおはようございます

スタッフのユウでございます。

僕はWEB小説(?)の「小説家になろう」というサイトをよく利用しているのですがほんとにいろんな作品があります。

良い意味で玉石混交しているので、最近は石の中から玉を探す生活を日夜おこなっております。

書籍化待ったなし!?】小説家になろうのおすすめ|2020年3月15日 | 小 ...

 

この頃お客様に、「上手くなるために筋トレとかしたほうがいいですか」と聞かれることが何度かあります。。

なかなか難しい質問です。。。

僕個人の見解を述べると筋トレをしたところで筋力は上れど根本的なクライミングの実力の向上には関係ないかなと思っております。

クライミングで必要な筋力は普通の筋トレでは発達しづらいとどこかで聞いたことがあります。実際胸筋とか必要無さそうですし。

しかもクライミングは軽さが命のスポーツ。付きすぎた筋肉はもはやおもりに成り下がります。

ですが、全く意味がないとは言い難いかなとも思っております。

登らない日に筋トレしてる人となんにもしてない人がいたら、してる人の方が早く上達しそうじゃないですか?実際のところどうかはわかりませんが。

ちょっと技術的な面で言うと、結構な傾斜がある壁(妙典で言うと天空とかBIGWAVE)で足がホールドから離れないで踏ん張ってられてるのって腹筋とか体幹の力っぽくないですか?

そうなると体幹と腹筋は少なくとも必要そうです。

さらに、結局のところホールドを掴んでいるのは手なので手の力(前腕?握力?)も必要そうです。むしろこれが一番大事説すらあります。

なので、私見としては筋トレはクライミングの上達に直接的には関係ないが間接的には関係ありそうなのでしないよりはした方が良いが、無駄な筋肉をつけない為にもどこの部位を筋トレするかある程度考える必要があるが、それがどこであるかはあんまり定かではない。

なんとも煮え切らない感じの結論を導きました。

クライミングに必要な筋肉の場所が具体的に分かる方いれば教えて欲しいです。切実に。

 

この話はこの位にしておきまして。

本日もご来店お待ちしております!!!!

202081144916.JPG

 

 

 

ページ上部へ