ホーム>グリーンアローのスタッフブログ>袖ヶ浦駅前店>トランポリンの起源
BLOG
袖ヶ浦駅前店

トランポリンの起源

こんにちわ!!!

袖ヶ浦駅前店から狩野です。

いやぁあったかいですね~

今日は春先の陽気らしいですよ⁈

しかし雪が降ったと思えば春先の陽気だったり

地球はほんとにどうなっちゃってるんでしょうか(-_-)

 

さて本日はトランポリンの起源について語ってみたいと思います!!

まずは「トランポリン」の名前の由来ですが、この言葉を聞くともう

跳ねちゃいそうな響きですが、そもそもは「Du-Trampolin」という

中世ヨーロッパのサーカス芸人が空中ブランコ下の安全ネットを利用して宙返りなどを

して見せたのが始まりだったそうです。

2020129153158.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はサーカスがけっこう好きで何度か見に行ったことがあるんですが、

言われてみれば空中ブランコ終わりにネットで軽く技をやってるのをみたことがありました。

その後1930年台に入りアメリカの体操選手「ジョージ・ニッセン氏」によってアメリカへ

持ち込まれ改良に改良を重ね現在のトランポリンの原型が出来たそうです。

2020129154659.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後1940年台の第二次世界大戦時にアメリカ空軍のパイロットの養成にトランポリンが

活用されて大きな成果をあげたことで戦後アメリカの教育界の注目を浴びて体育教材として

採用されその後競技としてもレクリェーション・スポーツとしても盛んになったんだそうです。

トランポリンは知っていても起源なんて知らない人がほとんどですよね。

けっこう色んな物の起源を調べると戦争が大きく関わってることがよくありますが

なんか複雑ですよね (^^;

 

トランポリンって全身運動なんです。ただ垂直に跳ぶだけで想像以上に体力を使いますし

跳ぶ高さにもよりますが身体に3~10倍超のG加重負荷がかかるので体力作りはもちろん

エクササイズやダイエットにも効果的なんです。

トランポリンなんて子供の遊びだと思っている大人の皆さん!!

是非一度トランポリンパーク袖ヶ浦駅前店でトランポリンを体験してみてください。

トレーニングジムとはまた一味違った運動が出来ますよ!!!

 

それでは本日のうんちくはこの辺で...

ページ上部へ